入学試験の伴奏

G大入学試験の声楽科1次試験が終わった
G大では入試の伴奏は声楽科非常勤講師の
ピアニストの先生方が行う
受験生は一人日本歌曲4曲と外国歌曲4曲
を提出する。そして当日指定された2曲づつから
日本歌曲と外国歌曲を一曲づつ選ぶ。
伴奏する方では日本歌曲と外国歌曲の担当に分かれて
一人分4曲×担当人数分
私は今回45人分だったので180曲の楽譜を担当した
もちろん同じ曲の同じ調の物も沢山あるが
一応楽譜は間違いがないか、ミスプリはないか
必ず弾いて見てチェックする。
移調楽譜は間違いのオンパレード!
正しい楽譜を見ながら変な所を全部直す

そして当日1時間で15人ずつ
最初に日本歌曲続けて外国歌曲を演奏する
審査員は日本声楽界の重鎮の先生方が10人余り
私達伴奏者の役割はいかに気持ちよく
思った通りに受験生に歌ってもらえるかということ
たとえそれがどんなにおかしなテンポであろうと
間違ったブレスの取り方であろうと
受験生が書いて来たとおりの楽譜で
受験生が歌った通りの音楽で伴奏する
そして何よりも一音たりとも間違った音を弾いてはいけない
受験生を動揺させてしまうし
先生たちもあれっ!て気がつかせてしまうし
何よりも間違えた音というものは
伴奏者にとってずっと忘れられない記憶の中に残る
今年は一音もそういう音がなかったのでほっとしている

G大はまぎれもなくトップクラスの大学なので
受験生も良い声の方がたくさんいる
1次を通過して2次になると
伸び伸びとアリアなどを聴かせる
そうして選ばれた学生たちが4年間鍛えられて
更に選ばれた学生が大学院生となり
そこで鍛えられた院生たちが世に出ていく
その間に新芽が芽吹き花開き
細い枝が幹になり豊かになって世に出ていく

ヴァイオリンやピアノの場合は
小さい時から才能の芽が開き
高校生でピークに達する方も沢山いる
そこから別な意味の熟成が始まるのだが

そういう意味では歌の世界は
人間の熟成と共に声が成長するので
大学大学院でかかわれることがとても楽しい

とにもかくにも1次試験が終わった
最小限度の責任が果たせてほっとしている


春休み、食事会と飲み会と出会いの季節

春休みは年度末でもあります
学校関係者はちょっと余裕が出来る時
いろんな宴会がありました

芸大オペラ科の講師仲間の
演出家・音楽学者・歌手・ピアニスト達で
夏と冬やっている飲み会
昨年末は皆の予定が合わず年越しの新年会に
飲みながらの話題は
オペラの話、授業の話、音楽の話・・・・・
今回は演出家とピアニスト達でした

芸大講師会みんな

今年は演出家の小須田先生が退官なされるので花束贈呈
同じく演出家の国松先生より
小須田先生とは二期会の夕鶴の子供たちの稽古の時から
お世話になり、東邦音大では何年もオペラ実習で演技の授業に
実践参加させても頂きました。
厳しいけれど為になる面白い有難い先生です~💛

芸大講師会花束

1月22日の土田聡子さんリサイタルの打ち上げが
ようやく出来ることになり聡子さん宅で乾杯
演奏家3人と裏方3人(裏方2人はNG)

聡子打ち上げみんな

聡子さん渾身のイタリア料理のフルコースにプラス持ち寄り
生ハムとチーズ、人参サラダ、カナッペ、ローストビーフ
オレンジのシチリア風、カルボナーラ、ハンバーグ、グラタン・・・・・
忘れました!飲み物はピンクシャンパン
極上赤ワイン、白ワイン、日本酒・・・・・

聡子打ち上げお料理

聡子さんリサイタルの批評が
音楽の友に載りました
有難いことです!

聡子リサイタル批評


舞とルー

聡子打ち上げ舞とルー

松原高校の仲間たちとの会合は本当に久しぶりでした
私の演奏会にはいつも来ていただいているのですが
M子の家の新築した豪邸での食事会
次から次へとM子がお料理を出してくれて・・・

松校料理

5人は1年生の時の同じクラス
その後A組C組D組と分かれたけれど
ずっと青春の心の友💛
何時間もの間しゃべり続けて
又の再会を約束して

松校ACD1

松校ACD2

押しっこ



シラバスと戦う

年度の切れ目には前年度の成績付けがある
そして次年度のシラバス作成がある
シラバスとは生徒と先生との契約書だが
この作成が非科学的非事務的音楽人にとっては
苦労の種となる!
特に某音大ではこのシラバスフォームが
ここ3年毎年変わっている
ということは毎年考えて書き直さないといけないということ

私の場合は某音大では5種類の授業を受け持っていて
オペラの授業は担当ではないので
実質4種類の授業のシラバスを書かなくてはならない
それぞれに「授業の概要」「到達目標」「授業の方法と形式」
「履修時の留意点」「成績評価の方法」等々書く欄があり
半年のセメスターの物はそれぞれに書くので
今回は6種類の授業の概要などを書いた
それから年間30回分の授業の内容と
30回分の予習することと復習することを
書かなければならない
つまり120回分の授業の内容を書いたわけで

そのうえこれが大問題なのだが
「エクセル」なるもので記入しなければならない
「エクセル」というのはやっかいである
文字はあっちへ行ったりこっちへ行ったりするし
クリックすると□が崩れて隣の□を侵入崩ししたり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その度に娘にSOSを出し
ご機嫌を伺いつつ教えてもらう
この作業をするのに3晩8時間ぐらいかかった

授業という形態の場合は計画が立てられて
たとえどんな生徒が来ようともその計画通りに
進めて行かれるのだけれども
大学院の場合は演奏会を目指すので
その内容は生徒の力量もあり
生との意思もあり出会って
顔を突き合わせて決めていくので
シラバスは作りにくい
でも作らなくてはならない
このジレンマよ!!

私が敬愛する故ガルディーニ先生は
3時間で1ページしか進まない時も多々あった
オペラなんかの場合3時間のオペラで
初めての授業で全部通す時もあり
座談会でセリフ合わせで終わる時もあり
指揮者が演出家がどちらかがイニシアティブをとるかで
授業の内容は変わってくる
歌い手の出席欠席で内容も大いに変化する
毎回のシラバスってどうやって書くのだろう?

音楽ってシラバスしずらいなぁ~~

しかし今回学んだことがある
①Alt+Enterで改行できる!
②□をクリックして横線が並んでいるところクリックすると
 縦の線がそろう!
③マメに上書き保存しとかないと書いたものが瞬時に消えてしまうときがある
 (私は唖然としました!苦労して書いたものが無くなっちゃった!)

というわけで3晩真夜中まで作業し続けました
寝れなくて飲みました・・・・・・・

でも終わった~~~~~~~!



春休み!

芸大大学院修士演奏も終わり
非常勤講師の春休みが始まりました
(入学試験の伴奏という責任重大な仕事も残っていますが)
とにかく学校へ行っている時間家にいられるので
レッスンをする以外はずっとピアノを弾いていられるのです。
この貴重な期間は春休みと夏休み以外はない
2年前の春休みはとにかく毎日ショパンエチュードを
弾きまくっていた記憶が・・・・
昨年はリサイタルの曲と共に過ごした・・・・

リサイタルの後「リゴレットパラフレーズ」が心の中に鳴り出して
1年間温めて昨年末と今年の一月に弾く機会をいただいた。
今年は「喜びの島」が頭の中に鳴り出して
今年はこれかなとわいわい喜んでさらっています
 
私のピアノの練習は本当に適当で
その時に弾きたいものをとにかく練習します
今の自分の旬の曲みたいな(笑)
今年の演目は
ショパンのバラード4番
ショパンの木枯らし
ショパンの前奏曲16番
ドビュッシーの雨の庭
ドビュッシーの喜びの島
ドビュッシーのレントよりなお遅く
グルダのアリア💛
今の私の心の中かな?

木枯らしは数年前に突然弾けなくなった
色々試行錯誤したけれどどうもうまくいかない
それが数日前に突然弾けるようになった!
ピアノのテクニックもスポーツと同じで
いろいろな部分のバランスで出来ている
右手と左手のバランスと力の配分
指と手の微妙な角度の違い
それらがうまくかみ合って初めて流れる演奏が出来る
今まで詰まっていて流れなかった管が
すっと水が流れるように演奏できる
これだね!と思った瞬間は最高に嬉しい!
とにかくうまくいっている演奏は全く筋肉に疲れを残さない
これをものにできると良いのだが・・
いえモノにするぞと意気込んでいる

というわけで毎日わずかな期間ですが
ピアノと遊んでいる毎日です
娘は「ピアノがないところにいるお母さんは
おろおろうろうろして見てられない」と言います。
そんなこともないのですが
こんな楽しいことが仕事で本当に良かったと感謝しています



親馬鹿の1週間

2月5日は娘がピアノを見て頂いている
木藤舞音先生の発表会でした
ホールは汐留にある汐留ホール

演奏後のツーショット
舞発表会親子

前回は「愛の夢」と「軍隊ポロネーズ」で
台湾の家で兄の家で聡子さんの家で
皆に聴いてもらってああでもないこうでもない
といじり倒した記憶がありますが
今回は「バラード1番」
本人が自分のものにするまでに時間がかかり
私もずっと忙しかったこともあり
ほとんど舞音先生にお世話になったままでした。
今年に入り本人が本気になり
やれば面白くなってきて真剣に練習し始めました
でもピアノ室から聴こえてくる音楽が
間違ってないと思え、本人の熟成を待つ
と思い今回はほとんど口出ししませんでした
もちろん「ここが弾きにくいんだけど」とか
「どうしてもひっかけるんだけど」という個所は
技術的な問題を指摘して直しましたが

といううちに私の本番も終わり
今度は娘の為に全開だぁ~~~!
ということでまず
汐留べヒシュタインさろんでホール練習をすることにしました
というのは本番の汐留ホールがべヒシュタインのピアノだと思い込んでいたからで(汗)
私の大好きなべヒシュタインサロン💛

舞発表会べヒシュタインサロンホールリハ

娘もべヒシュタインのピアノがいたく気に入ったようで
ここのホールで弾きたい!!と何回も言っていました
しかしその後本番の汐留ホールに行ってみたら
ピアノがシュタインウェイだった!!(汗)

家では本番前1週間、ベーゼンドルファーを全開にして
譜面台も取り払い本番練習をしました
録音も何回もしました

そして本番当日朝一でホール練習

舞発表会汐留ホールリハ

その後本番前まで隣のべヒシュタインサロンで
スタジオを借りて練習させ

舞発表会べヒシュタインサロン当日リハ

本番は大きな事故もなく無事にバラード1番が通りました!

今回は全員合唱の「みんながみんな英雄」の伴奏も頼まれていました
私も参加してよいとお許しをいただいたのでピアニカで参加しました

今年の親子連弾は「情熱大陸」を演奏しました
私が取り掛かれたのがお正月からだったので
二人で譜読みから頑張り突貫工事のように
ようやく作り上げました
導入はピアニカでと決めていましたが
中間部でも入れたかったのですが
時間切れで煮つめられず却下
後半に打楽器を入れたかったのですが
そちらも準備不足で却下、ということで
導入以外は楽譜通りに演奏しました
でも演奏は結構インパクトがあったようで
皆さんに喜んでいただけました

舞とは「ルパン3世」「宇宙戦艦ヤマト」
「銀河鉄道999」などレパートリーを
作っていますが
「情熱大陸」も新たなレパートリーとして
更に熟成進化させようともくろんでおります

間際まで練習不足のわが娘を
根気よく長時間教えてくださっている
舞音先生のおかげでここまで来れました
舞音先生に大感謝です!!!!!

きつねさんたち縦隊
FC2カウンター
プロフィール

田中梢

Author:田中梢
FC2ブログへようこそ!
A型 魚座 ペガサス(動物占い)

趣味
・水泳:マスターズチーム「CSC世田谷」(来年から「JOIA」に名前変更)に所属
専門はバタフライ 獲得メダル多数(ただし強い人がいない草大会)
1600Mリレーで泳いだ400Btは記録と記憶に残る
昔は「根性バッタ」~「癒しバッタ」~「リハビリバッタ」を経て
今は再び「ど根性泳ぎ」に。

・ランニング:「いのししガールズ」に所属。
5k・10k・ハーフ・フルマラソンと経験し挫折。
仕事場に向かう時はいつも意味なく走っていた。
ところが今は自分の体重を支えるのがやっと・・
最近バタバタとランニングを開始、
いつか「いのししガールズ」の一員として
たすきを受けることを夢見ている。
 
・自転車:昔自転車少女。一時は競技用自転車に乗りトライアスロンに挑戦も、ママチャリで仕事場に爆走してたっけ。酔っ払って3時間走り続けた「大井埠頭伝説」は語り草に。
しかし今は転んだらおしまいの歳になった。ゆっくり
じっくり運転。飲酒と雨の時は乗らないように戒めて。

・読書:活字中毒。辻邦夫を敬い浅田次郎に涙(笑)した。宮部みゆき等女性作家を愛読。最近は重松清・乃南アサにはまっている
推理小説とサスペンス(TV)はいつでも大好き

好きな食べ物:牡蠣・うに・かに・いくら・おおとろ・・最近野菜料理がなくてはならぬものに

好きな飲み物:黒ビールに赤ワインだったが、最近は日本酒に目覚める。
まだまだ初心者だが辛口、にごり酒など色々試している。


好きな土地:女満別(トマトジュースが最高)壱岐(うにと壱岐焼酎と蛍が最高)
が思い出の地だったが、全国各地演奏に行かしていただいて好きな土地がたくさん増えてしまった!

集めているもの:ぬいぐるみ(あらいぐまさん・きつねさん・ねこさん・いぬさん・アルパカさん・・・・・)最近は巨大家族たちが部屋を占領している💦

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
まるの肉球
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード