お酒についての考察

お酒が大好きな家系に生まれました
父親は本当にお酒が」好きで飲むと
社会論、芸術論が始まり止まらなかった・・・

兄たちは友人を連れて来ては
父親とお酒を飲みながら
何時間も議論をしていたっけ
(兄たちが家を離れている間は
私は成人するまでは1杯のごはんでずっと
父親の酒飲み相手の聞き役だった)

「女は飲むな」という空気だったけれど
大学の水泳部でやかんの日本酒の洗礼を受けて以来
隠れて部屋でそっと飲んでいたっけな・・・

兄たちが結婚して同居してからは
大家族になり集まればいつも夕飯にはお酒があり
皆でワイワイと騒いでいたように覚えている
今でも狛江に一族が終結すると
さまざまなお酒が乱立して皆勝手に飲みながら
ワイワイガヤガヤと話が尽きることがない
2代目3代目まで皆お酒が好きで強いのだからしょうがない
(ちなみに私はいつも一番先に寝てしまうが・・・)

芸大オペラ科には
一時期「実相寺会」というものがあって
故実相寺監督がお酒が本当に好きな方を集めて
飲み会をしてくださっていた
ピアニスト、指揮者、演出家、オペラ歌手、役者さん、映画監督などなど
本当に好きというのは365日お酒を愛でる人とその時は思っていたけれど
今思えばお酒を愛して仲間とお酒を飲むと笑顔になれる人だったのかもしれない
監督の笑顔と楽しいウィットに富んだ会話が忘れられない思い出

今は中断しているけれど水泳のマスターズチームに入っていて
水泳仲間と飲むお酒もそれはそれはすごいものだった
1レース20秒あまりなので1分余りの本番なのに
(長距離になっても数分で終わる)
レース後の打ち上げは何時間も続く
水着の付き合いはいわば裸の付き合いなので
同志のようで家族のようでしかも体育会系なので
話は尽きることなくそのうち忘却の彼方に
(忘却のまま自転車に乗って何時間も彷徨い帰れなかった思い出も)

演奏会後の打ち上げも又至福のひと時
「演奏後のビールが楽しみで演奏をする」
とお酒好きの演奏家は心の中で思っているはず
それほど演奏後のビールは美味しい
(もちろんうまくいった時だけれど)
それほど本番までの長い練習と
はきそうになるほどの緊張感に耐えた後だからだ

男性合唱団の飲み会は楽しいです
たくさん練習した後・集中した本番の後
「さあ楽しく飲むぞ~」という気合に満ちて
「いざやくめよ盃♪」の合唱で乾杯し
宴たけなわでは「月光とピエロ」の合唱
最後の締めは肩を組んで「遙かな友へ」
歌とお酒は相性が良いようで・・・


さてここからが本題です

美味しくお酒を飲む定義は?
どういうときに美味しくお酒が飲めるのかしら?
と最近考えているわけで・・・・・
一人で黙々とちびちびと飲む至福
親しい人と語り合いながらさしつさされつしながら飲む至福
楽しい仲間たちとわいわいがやがや言いながら飲む至福
・・・・・・・・・・・

身近な人に聞いて見ました
☆「お酒の味が好きだから」
ゆえに一人でも誰かと一緒でもその時間が楽しい
☆「話を聞いてもらうのが好き」
ゆえに少人数で語り合うのがよい
お酒が入ると話も弾む

緊張感を持って普段生活しているのだが
お酒が入ることによって一枚ベールが脱げて
更に入るともう一枚ベールがはがれて
リラックスした武装しない自分が出てくる
人類皆友達みたいになる

とすると緊張が解けないベールが脱げないお酒の場は
ストレスのままなのであまり楽しくないのかもしれない
偉い方との会食やお呼ばれしてお宅での気を使いながらの食事
一杯1500円もする高級なお店での勘定しながらの飲み

飲まない方との飲み会も基本的には要注意
こちらの言った事したことを相手は全部覚えている
「お酒の上のことで水に流して」なんて冗談じゃないよ
と言われたこともあったけな、くわばらくわばら・・・
勿論少数だが飲まなくてもベールを脱いでくれる
素敵な友達もいるけれど

本当のお酒のみは手酌が好きだそうだ
自分のペースで好きな量をちびちび飲む
ついでくれるのを気にして飲んだり
相手の盃の空き加減を気にして飲んだりは
円滑な人間関係のためにはいいかもしれないが

楽しい飲み会はいろいろあるけれど
ストレスゼロの気楽な飲み会は
家族とそして親族とだね
愚痴を言っても悪口言っても
寝ても絡んでもすべて水に流してくれる
語り草にしてくれる

こんなわたしでも子供を授かる前後には禁酒をしていました
頭の悪い子供にしてはいけないからね
そしてここ1年余りは節酒の日々です
きっかけはいろいろありますが
その時威力を発揮したのが
ノンアルコール黒ビール!
何箱も買ってとにかく飲みたくなったらいくらでも飲む
お金に糸目はつけない
そしたらノンアルコールで身体が酔い加減になった・・・
作曲家のOさんが「飲酒は習慣よ」と言っていましたが
その通りでした。
まあ普段は9時半までピアノ弾いて
プールから帰るのが11時だし
節酒しやすい生活ではありますが
でもその反動で今日は飲むぞという日は
本当に楽しいのですが・・・・・

とりあえず今日はここまで
又書き足していこうと思います
加えたいことがあったらコメントくださいね!

2孤食





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

楽しく飲ませてくださり続け、参加させてくださり続けた周りの方々を思い、耳が痛みますm(_ _)m 6日、よろしくお願いいたします!! やり取り、在り方、リハから、毎回たくさん学ばせていただいています!!

No title

のりさまコメントありがとうございます。多分6日本番ののりさんですよね(笑)この文を読んでくださりありがとうです!!本当に私はお酒のお付き合いで出来た友人・先輩・先生たちに育てられた部分が多いのです。今度じっくり飲みましょう~黒ビールと赤ワインは常に常備されております。6日に向けてじっくり練習しています!
FC2カウンター
プロフィール

田中梢

Author:田中梢
FC2ブログへようこそ!
A型 魚座 ペガサス(動物占い)

趣味
・水泳:マスターズチーム「CSC世田谷」(来年から「JOIA」に名前変更)に所属
専門はバタフライ 獲得メダル多数(ただし強い人がいない草大会)
1600Mリレーで泳いだ400Btは記録と記憶に残る
昔は「根性バッタ」~「癒しバッタ」~「リハビリバッタ」を経て
今は再び「ど根性泳ぎ」に。

・ランニング:「いのししガールズ」に所属。
5k・10k・ハーフ・フルマラソンと経験し挫折。
仕事場に向かう時はいつも意味なく走っていた。
ところが今は自分の体重を支えるのがやっと・・
最近バタバタとランニングを開始、
いつか「いのししガールズ」の一員として
たすきを受けることを夢見ている。
 
・自転車:昔自転車少女。一時は競技用自転車に乗りトライアスロンに挑戦も、ママチャリで仕事場に爆走してたっけ。酔っ払って3時間走り続けた「大井埠頭伝説」は語り草に。
しかし今は転んだらおしまいの歳になった。ゆっくり
じっくり運転。飲酒と雨の時は乗らないように戒めて。

・読書:活字中毒。辻邦夫を敬い浅田次郎に涙(笑)した。宮部みゆき等女性作家を愛読。最近は重松清・乃南アサにはまっている
推理小説とサスペンス(TV)はいつでも大好き

好きな食べ物:牡蠣・うに・かに・いくら・おおとろ・・最近野菜料理がなくてはならぬものに

好きな飲み物:黒ビールに赤ワインだったが、最近は日本酒に目覚める。
まだまだ初心者だが辛口、にごり酒など色々試している。


好きな土地:女満別(トマトジュースが最高)壱岐(うにと壱岐焼酎と蛍が最高)
が思い出の地だったが、全国各地演奏に行かしていただいて好きな土地がたくさん増えてしまった!

集めているもの:ぬいぐるみ(あらいぐまさん・きつねさん・ねこさん・いぬさん・アルパカさん・・・・・)最近は巨大家族たちが部屋を占領している💦

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
まるの肉球
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード